1/21 筑波山 鳥たち

 ケーブルカーの麓駅付近で、ジョウビタキ♂♀、陽だまりでぬくぬくしているスズメを見てから、山頂駅へ。
2018_01_21__1032_edited1 2018_01_21__1039_edited1 2018_01_21__1033_edited1
 日光でサッシが暖められて、とてもリラックス。前にトタン裏で冬越ししているクモを見たのですが、うまく利用しているものです。
 
 さて、山頂駅を降りるとすぐに、カメラマンが何かを撮っていました。覗いてみると、カヤクグリが4羽餌をとっていました。
2018_01_21__1062_edited1 2018_01_21__1066_edited1
 
 堪能して、次の場所に移動すると、ここでも、カメラマンがいて、ミヤマホオジロが今飛んだところという話で、しばらくみていると、カシラダカ、ヤマガラなどとともに、ミヤマホオジロも見え隠れして、餌をとっていました。
2018_01_21__1080_edited1 2018_01_21__1112_edited1
 
 ちょっと遠かったので、土産物屋さんで一休みしていると、ミヤマホオジロが飛んできました。見に行くと、すぐ、下に来てくれました。
2018_01_21__1291_edited1 2018_01_21__1314_edited1
2018_01_21__1293_edited1 2018_01_21__1310_edited1
 イネ科の枯れた穂をしがんでいました(くりかえしかむ)。穂から実を出していたのでしょうね。
 
 今日の予定は、後はウソ。鳴き声が聞こえたような気がしますが、見つかりません。その代わりというわけでもないのでしょうが、ルリビタキの♀が近くにでてくれました。もう、満足ということで早々に引き上げたのですが、駐車場付近で、イカルに出会ったのは、望外でした。
2018_01_21__1325_edited1 2018_01_21__1350_edited1
 
 
【観察した野鳥】 トビ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、カワラヒワ、イカル、カシラダカ、ミヤマホオジロ 16種
 

Year List カヤクグリ、イカル、ミヤマホオジロが増えて 80種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/21 筑波山の景色と花たち

 夫婦で筑波山へ
 まだ本調子ではないので、ケーブルカーで登ります。ケーブルカーの麓駅から宝篋山や女体山が望めます。
2018_01_21__1363_edited1 2018_01_21__1365_edited1
 
 駅周辺には、早春の花が咲いていました。ソシンロウバイ、紅梅、白梅、フクジュソウなど。陽だまりには、早くもタチツボスミレも花を開いていました。
2018_01_21__1362_edited1 2018_01_21__1052_edited1 2018_01_21__1342_edited1 2018_01_21__1338_edited1 2018_01_21__1372_edited1
 
 梢のヤマカマス(ウスタビガの繭)も目立ちます。駅までの登り路には、八重咲スイセンやオオイヌフグリも見かけました。気分はもう春ですね。
2018_01_21__1046_edited1 2018_01_21__1344_edited1 2018_01_21__1347_edited1
 
 山頂駅までいくと、男体山の社も見えます。
2018_01_21__1367_edited1 2018_01_21__1369_edited1
 
 このあと、鳥見でウロウロですが、紫峰杉に久しぶりに会いました。
2018_01_21__1370_edited1
 
 
【ケーブルカーの駅付近の花】 ソシンロウバイ、紅梅、白梅、フクジュソウ、サザンカ、タチツボスミレ、八重咲スイセン、オオイヌノフグリ
 
【その他】 ヤマカマス(ウスタビガの繭)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/20 牛久沼

 今日も、接骨院の行き帰りに、鳥見。
 牛久沼水辺公園では、龍ケ崎市のトンビ凧あげ大会が開かれていて、車は止められなかったので、堤防沿いにトロトロと車から観察。
 沼の中央付近に6羽のオオハクチョウが入っていましたが、遠すぎ。葦原には、小鳥たちが、種数も個体数も多く入っていました。ベニマシコの♂はカメラを構えようとしたときに飛ばれてしまいました。
(本当は、四十肩が痛くて、後部座席に置いていたカメラがなかなかとれなかったのです。)
2018_01_20__1025_edited1
 
 
【観察した野鳥】 オオハクチョウ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、タゲリ、ユリカモメ、セグロカモメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン 27種+コブハクチョウ
 
 
Year Listは、オオハクチョウ、ベニマシコが増えて77種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/18 涸沼方面

 昨日とは打って変わり、いい天気。オオワシを見たくて、奥さんと涸沼方面へ。
 11:30まで、粘っていたのですが、残念ながら空振り。それでも色々。いってすぐに、カワセミ♂。ホオジロ、オオジュリンなどが周りを飛んでくれます。オオジュリンは、アシの表皮をちぎって、カイガラムシの仲間(ビワコカタカイガモモドキ)を啄んでいました。
2018_01_18__0856_edited1 2018_01_18__0857_edited1_2 2018_01_18__0868_edited1
 
 水鳥は、マガモが多かったのですが、ハジロカイツブリの群れやミコアイサなども見かけました。
2018_01_18__0861_edited1 2018_01_18__0859_edited1 2018_01_18__0875_edited1
 
 猛禽類は、ミサゴ、ノスリ、トビなどを見かけましたがオオワシは残念。場所を移動して、スズガモ、ホオジロガモなどを見ましたが、シジミの採取の季節のようで、シジミ採りの人が入っていました。
2018_01_18__0879_edited1
 
 この後、大洗へ。母ちゃんの店で刺身定食。相変わらず刺身が大盛で食べるのが大変でした。
 大洗港では、アカエリカイツブリ、オオセグロカメモ、ウミネコを見ることができました。
2018_01_18__0911_edited1 2018_01_18__0899_edited1 2018_01_18__0896_edited1
 
 平磯では、ミユビシギ、ウミアイサ、シノリガモなどを観察。
2018_01_18__0917_edited1 2018_01_18__0936_edited1 2018_01_18__0958_edited1
 
 最後は阿字ヶ浦へ。いないかなと思っていると、ウミスズメが遠くで顔を出してくれました。このほか、シロチドリ、イソヒヨドリなど。
2018_01_18__0983_edited1
2018_01_18__0993_edited1 2018_01_18__1017_edited1
 
 
【観察した野鳥】 ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、オオハム、カワウ、ウミウ、アオサギ、シロチドリ、ミユビシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミスズメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツグミ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、オオジュリン 44種+コブハクチョウ、ドバト
 
 
今日の飛びものは、航空自衛隊のF4EJ改
2018_01_18__0863_edited1
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/17 龍ケ崎小 すくすく理科タイム

 雨の予報だったので、前日に腐葉土などを採取しておいてもらって、校舎内で、バットに土を少しづつ移し観察。結構、みんな楽しんで観察していました。見つけたものは、シャーレに入れて、保管。
 大したもので、色々でましたが、見たかった、コガネムシの幼虫などは見つかりませんでした。もっと深いところから土を採取する必要があったのでしょうか。
 
 初見だったのは、イッスンムカデ。足が15対あるところ、13対しか確認できないので、幼虫だったのでしょうか。写真は、シャーレから脱走したところ。
 キセルガイの仲間は左巻き、オカチョウジガイの仲間は右巻きだったのですね。
2018_01_17__0842_edited1 2018_01_17__0852_edited1 2018_01_17__0846_edited1
 
 クモは素早いし、シロヘリカメムシはとても臭くて、シャーレにいれるのに手古摺ったようです。
2018_01_17__0840_edited1 2018_01_17__0841_edited1
 
 さて、狙いは、土の中はそんなに寒くならないので、冬越しに適していることを理解してもらうことだったのですが、どうだったでしょう。思った以上に虫たちがいることがわかったかな?
 

【観察した虫たち】 シロヘリカメムシ、ヒメツチカメムシ、ミツボシツチカメムシ、セミの抜け殻、ヒゲジロハサミムシ、ゴミムシの類、ハネナガヒシバッタ、フクログモの類、ダンゴムシの類、ワラジムシ、イッスンムカデ、オカモノアラガイの殻、オカチョウジガイの類、キセルガイの類、カタツムリの類、ナメクジなど
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/17 近所の田んぼ

 今日も、接骨院の帰りがけに近所の田んぼの覗きました。農家がトラクターで耕したところに鳥が集まります。ケリの5,6羽の群れ、タゲリは散らばっているのか1羽でした。
 ケリが上空の様子を確認するのに随分、首を回していました。 
2018_01_17__0800_edited1 2018_01_17__0797_edited1 2018_01_17__0809_edited1
 
 このほか、おなじみのハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ムクドリ、ツグミ、ハシボソガラスが入っており、まわりには、スズメやカワラヒワが待機していました。
2018_01_17__0827_edited1 2018_01_17__0838_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/14 稲敷方面

 ぎっくり腰がだいぶよくなったので、大晦日の宿題を果たしに、奥さんと稲敷方面へ
 
 2:30頃着く予定が、現地近くで迷って、田んぼでアメリカウズラシギの写真を撮っていた方に先導してもらって3:00頃到着。日曜日のせいか百人位きていたようです。
 着いてすぐに、ハイイロチュウヒの♂が飛んだのですが、遠すぎでした。杭のコチョウゲンボウを見たりしていると、遠い杭にうえにコミミズク。あっさり、見れてしまいました。だんだん、近くに飛んできて、綺麗です。ハイチュウもでていたのですが、やはりコミミズクです。コミミズクが二羽同時にでたり、カラスにモビングされたり、色々な光景を見ることができました。それにしても可愛い。休んでいるときに羽角が見えるような気がします。
2018_01_14__0468_edited1 2018_01_14__0493_edited1 2018_01_14__0525_edited1
 
2018_01_14__0632_edited1
 
 その後、ハイイロチュウヒもそばを飛んでくれて、奥さんも大感激。このほか、ミヤマガラスの群れも入っていました。
2018_01_14__0578_edited1
2018_01_14__0589_edited1 2018_01_14__0601_edited1
 
 帰り道、まだいるか心配しながら、アメリカウズラシギのいた田んぼへ。よかった、まだいました。このあと、コチョウゲンボウが飛んできて、他の小鳥たちとともに飛んでしまったので、ラッキーでした。
 2018_01_14__0704_edited1
 
 
 
【観察した野鳥】 カルガモ、アオサギ、タゲリ、ケリ、アメリカウズラシギ、トビ、ハイイロチュウヒ、ノスリ、コミミズク、コチョウゲンボウ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ 20種
 
 
今日で、Year Listは、60種+3外来種 新年のマラソン探鳥会に参加できなかったので、これからです。
Life List +2種(コミミズク、アメリカウズラシギ)で、292種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/13 里山散歩

 昨日に続き、腰の様子見を兼ねて、鳥見に。どうも、ぎっくり腰は、痛みが治まってきたら、動かせる範囲で動かした方がよいようです。
 
 明け方は‐4℃だったようで、田んぼの畔ではタシギが固まって、お休み中。眠れない寒い夜を過ごしたのでしょうか。
2018_01_13__0218_edited1
 
 いつもオオタカがいるところには、今日はチョウゲンボウ。
2018_01_13__0220_edited1 2018_01_13__0222_edited1
 
 池は、9割がた凍っており、凍っていないところの周りにズラリ。
 ハイタカが飛んできた時には、水しぶきを上げて羽ばたいて、大騒ぎ。たしかに目がくらむでしょう。それが、飛び立つときには知らん顔。まさかオオタカと勘違い?
2018_01_13__0230_edited1 2018_01_13__0234_edited1
 
 1羽だけ紛れ込んでいたオシドリは、地味という声があったのですが、どうも、オレンジの大きな銀杏羽が見当たらないようです。
2018_01_13__0275_edited1
 
 結局、1周りしてしまいましたが、左の腰をかばっているのか、左の腰からお尻にかけて張りがありました。この後、今日も、接骨院。どうも、ぎっくり腰より、四十肩の方が重症のようです。
 
 
【観察した野鳥】 キジ、オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キジバト、アオサギ、オオバン、タシギ、トビ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ルリビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 36種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/12 洞峰公園

 朝、洞峰公園方面に用があったので、腰の様子見を兼ねて、一回り。
 
 池は8割がた凍結。オナガガモ、ヒドリガモは陸に上がっていましたが、コガモは凍結した氷の上。オカヨシガモは少しだけ覗いていた水の上で、眠そうでした。
2018_01_12__0162_edited1
 
2018_01_12__0180_edited1
 
 小鳥たちは、結構、動き回っていました。
2018_01_12__0156_edited1 2018_01_12__0159_edited1 2018_01_12__0172_edited1
 
 凍った池の飛び島には、アオサギとバリケン。
2018_01_12__0185_edited1
 
 
【観察した野鳥】 オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キジバト、アオサギ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 19種+ドバト、バリケン
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/11 今日も回り道

 今日も、回り道で、牛久沼に寄りました。
 昨日見られなかったチュウヒやオオジュリンなどに会えました。
2018_01_11__0091_edited1 2018_01_11__0092_edited1
 
2018_01_11__0099_edited1 2018_01_11__0117_edited1
 
 
【観察した野鳥】 オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン 32種+コブハクチョウ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/10 牛久沼など

 少し良くなってきたので、溜まった新聞紙や段ボールを出したのですが、少し腰にきました。四十肩の状態も良くないので、やっぱり、接骨院通いです。
 
 行きは田んぼのケリ、タゲリなどを見て、帰りには、回り道をして、牛久沼へ。カメラが重たいですね。風が強いせいか、芝生でユリカモメが休んでいました。コサギも頭を低くして風を避けています。
2018_01_10_0044_edited1 2018_01_10_0052_edited1
 
 ヒドリガモ、オオバンが目についたほかは、潜水系のカモたち。マガモ、コガモなどは葦の間で休んでいました。気になったのは、アメリカヒドリとのハイブリット?、ミコアイサの♀タイプ?
2018_01_10_0070_edited1
 
2018_01_10_0090_edited1
 
 
【観察した野鳥】  ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ケリ、ユリカモメ、トビ、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、ホオジロ、カシラダカ 28種+コブハクチョウ
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/9 近所

 少し、腰もよくなってきたので、接骨院の帰りに近所でちょっとだけ鳥見。
 キジの後ろ姿は、なんとなく縁起が良い気がします。
2018_01_09_0004_edited1
 
 モズ♀、タゲリ、タヒバリなども顔を出してくれました。
2018_01_09_0014_edited1 2018_01_09_0017_edited1 2018_01_09_0023_edited1
 
 無理ができないので、大事に見ていこうと思いました。
 
 そういえば、いままで使ってきたディスクトップパソコンもいよいよガタがきたようなので、ノートパソコンに移行中。(結構、面倒)
 
 【観察した野鳥】 キジ、キジバト、カワウ、タゲリ、モズ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、タヒバリ、ホオジロ、カシラダカ 13種
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年 鳥たち

 2017年のYear Listは、結局、239種。12/31にコミミズクを見に行こうと思っていたのですが、片付けものをしていて、ぎっくり腰。しばらく、動けそうにありません。
 とはいえ、35種の鳥を加えて、Life Listは、290種になりました。つくばを中心に近場でも増えているのですが、やはり、北海道、飛島や航路などが多かったです。
 1月は、アネハヅルなど
2017_01_17__0466_edited1
 
 2月は、シラコバトなど
2017_02_14__1778_edited1
 
 3月は、航路での苫小牧行きで色々でしたが、ベニヒワが印象的でした。
2017_03_11__2864_edited1
 
 4月は、シマアジ
2017_04_09_mi_3878_edited1
 
 5月は、飛島行きで色々でしたが、愛想のよかったオガワコマドリが印象的
2017_05_04__4545_edited1
 
 6月は、松之山でブッポウソウ
2017_06_08_
 
 7月は、県北で、ヨタカの鳴き声
 
 8月は、キリアイ
2017_08_25__9173_edited1
 
 9月は、オグロシギ
2017_09_22__0872_edited1
 
 10月は、横浜までいって、メジロガモ
2017_10_14__3802_edited1
 
 11月は、銚子でイスカ(遠かった)
2017_11_01__4944_edited1
 
 12月は、宇都宮でアカハシハジロ
2017_12_24__8259_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年 虫たち

 2017年は、野鳥がほとんどでしたが、初めて見かけた虫たちもいました。
  
 トンボでは、ヒメサナエ、ナゴヤサナエ
2017_06_18__7845_edited1
 
2017_06_23__7921_edited1
 
2017_06_23__7926_edited1  
 
 チョウでは、ムラサキツバメ
2017_12_09__7176_edited1
 
2017_12_09__7163_edited1
 
 そのほかの虫たちも、歩くたびに新しい発見がありました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/30 今年最後の里山散歩

 家の近くで、ミヤマガラスの群れを横目で見ながら里山へ。
 晴れていたのですが、さすがに寒い。霜柱が長く伸びていました。梢に止まっていたハイタカが、池のそばで下方にダイブ。小鳥でもいたのでしょうか?
 池にいたカモたちは全然動じません。猛禽を識別しているのでしょうね。
2017_12_30__8346_edited1 2017_12_30__8339_edited1
 
 里山の中では、めったに見ないチュウヒ、今シーズン初となるクロジなどに会いました。右の写真はシメ。
2017_12_30__8365_edited1 2017_12_30__8371_edited1
 
 
 
【観察した野鳥】  オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、カケス、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、コジュケイ 41種+コジュケイ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/25 龍ケ岡公園

 奥さんの病院の送り迎えの合間に龍ケ岡公園へ
 カシラダカが群れで入っていたほか、風が強くて、鳥たちはあまり出ません。それでも、カワセミやモズが獲物を狙っていました。ニホンズイセンでしょうか、早くも水仙が咲いていました。
2017_12_25__8291_edited1 2017_12_25__8293_edited1 2017_12_25__8296_edited1
 
 珍しく、コジュケイが6羽も姿を見せてくれました。蹴爪があるのが♂、後は♀だったようです。
2017_12_25__8324_edited1  2017_12_25__8327_edited1
 
 
 今日の飛びものは、アエロフロートの成田発モスクワ経由ロンドン行き旅客機と総務省消防庁のユーロコプター。
2017_12_25__8275_edited1 2017_12_25__8285_edited1
 総務省のヘリは訓練飛行のようです。
 
 
【観察した野鳥】 ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、タシギ、カワセミ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カシラダカ 18種+コジュケイ
 
 

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカハシハジロ 赤嘴羽白

 宇都宮付近の調節地で
 小さな池でしたが、カモの種類は多いところでした。お目当てはすぐに見つかりました。
 最初は、休んでいたのですが、ホシハジロの♀のそばにいって、毛づくろい。そして、パタパタして見せてくれましたが、また、すぐにお休みでした。
2017_12_24__8223_edited1 2017_12_24__8250_edited1
2017_12_24__8259_edited1 2017_12_24__8271_edited1
 首を縮めていると、ころころのイメージですが、首を伸ばして、伸びをすると別の鳥みたいです。
 
 
【観察した野鳥】 オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、アカハシハジロ、ホシハジロ、キンクロハジロ、キジバト、アオサギ、オオバン、トビ、ノスリ、カワセミ、チョウゲンボウ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ 行き帰りを含めて25種+ドバト
 
Year List +1種(アカハシハジロ)で、239種
Life List +1種(アカハシハジロ)で、290種
 

 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山散歩

 晴れですが、寒い。その割に、結構、活性は高かったです。
 出だしから、ヌルデにアカハラ、時々、ツグミがちょっかいをだしていました。
2017_12_23__8163_edited1
 
 里山に入り、カシラダカの群れを見ていると、ルリビタキが顔を出しました。ハンノキにはマヒワもいましたが、混群が通っていくのを見ていなければ気が付かなかったと思います。
2017_12_23__8173_edited1 2017_12_23__8181_edited1
 
 池には、オカヨシガモが結構入っていました。
2017_12_23__8189_edited1_2
 
 空には、ノスリが数回にわたり顔を見せてくれました。数羽いたようです。
2017_12_23__8208_edited1
 
 今日の飛びものは、陸上自衛隊のチヌーク。
2017_12_23__8192_edited1
 
 
【観察した野鳥】 オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キジバト、オオバン、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 33種+ソウシチョウと思われる鳴き声
 
 なお、同行者には聞こえたカケス、ヤマガラ、コジュケイは、残念ながら聞こえず。トラツグミは見逃しました。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/21 小山ダム

  何種か見たい鳥があったので、小山ダムへ。Izさんの観察行に夫婦で同行させてもらいました。いい天気。気温は低いのですが、太陽がでているときは暖かったです。
 
 さて、ベニマシコは、どこに行っても見かけ ました。数十羽はいたと思います。藪にもぐっているイメージですが、結構、高いところにでてきて驚きました。
2017_12_21__8114_edited1
2017_12_21__8140_edited1 2017_12_21__8147_edited1
 
 今季初となるので、是非見たかったミヤマホオジロ。カヤクグリは6,7羽の群れで行動していて、驚きました。
2017_12_21__8039_edited1 2017_12_21__8051_edited1
 
 前回空振りだったので見たかったクマタカは、今回も、飛び出しは見損なってしまいましたが、遠く、里美方面で旋回していました。遠い・・・・。でも、一応、確認できたことにします。
2017_12_21__8131_edited1
 
 このほか、ミコアイサ♂、ガビチョウなど。ガビチョウは、ヌルデに夢中で、しばらく止まっていました。
2017_12_21__8029_edited1 2017_12_21__8104_edited1
 
 このほか、ライファーになるので、見たかったオオマシコはかなり粘ったのですが、残念。次の機会に期待することになりました。
 見たかった3種のうちちゃんと見れたのはミヤマホオジロだけでしたが、カヤクグリはでたし、ヤマセミもちら(私は見れなかったので悔しいのですが)、小鳥たちを中心に鳥の活性が高く、満足でした。
 Izさん、毎回お世話になり、ありがとうございました。
 
 
【観察した野鳥】 マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、トビ、オオタカ、ノスリ、クマタカ、カワセミ、コゲラ(声)、アカゲラ(声)、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ(ムラサキシキブの実)、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ(切株の上でなにか?)、スズメ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ(ススキで)、アオジ(タケニグサの実) 33種+ガビチョウ
 
Year List +1種(クマタカ)で、238種
 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/20 高崎の森

 高崎の森へ
 
 ルリビタキ♂はいつものところでは見当たらず、別の場所で見ることができました。今日は、♀にも会いました。
2017_12_20__7989_edited1
 
 マヒワは今日も会えました。川沿いでイソシギ。木の上にはチョウゲンボウなど。
2017_12_20__7928_edited1 2017_12_20__7941_edited1 2017_12_20__7946_edited1 2017_12_20__7957_edited1
 
 ベニマシコなどは残念ながら見かけませんでしたが、それなりに楽しんできました。
 
 
【観察した野鳥】 キジバト、アオサギ、オオバン、イソシギ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、カケス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 27種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«12/14 印旛沼方面