« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

九十九里

 午前中に情報を得て、里山散歩の後、九十九里に
 3時頃になってしまったので、お目当ての鳥は見つからず、このところ、空振りが多いです。
 それでも、ミユビシギ、ミヤコドリなどを見ることができました。これは結構、近かったですが、一本足で休んでいて、少し近づくと、動くのですが、省エネなのか、一本足のまま、器用にピョンピョン。可笑しかったです。
2017_02_25__1988_edited1 2017_02_25__1989_edited2 2017_02_25__1999 
 
 屋根の上にいたイソヒヨドリはアルミの足環をはめていました。このほか、カワズザクラが目立ちました。
2017_02_25__2002_edited1 2017_02_25__2005
 
 
【観察した野鳥】 ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ウミウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ミヤコドリ、ミユビシギ、ハマシギ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、ヒバリ、ヒヨドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ 27種
 
Year List +2種で、121種+外来種6種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山

 春の野草が目立つようになりました。ミツマタも花を広げました。ニホンアカガエルの卵塊も目立つようになりました。
2017_02_25__2003_edited1 2017_02_25__2004_edited2 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再チャレ失敗

 オオワシに再チャレンジ
 朝9時頃に出たらしいのですが、11時すぎになってしまい残念。少し粘ったのですが、3度目の挑戦も失敗でした。
 ハジロカイツブリは繁殖羽になったものも混じり、大群でエサを漁っていました。ユリカモメやキンクロハジロも混じって大騒ぎ。
2017_02_24__2012_edited1 2017_02_24__2020_edited1 
 
頭上は、マクダネル・ダグラス RF-4E 偵察機
2017_02_24__2023_edited1 2017_02_24__2027_edited1 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/17-18 大洗方面

 2/17は春一番というより、春の嵐で砂埃がひどく、オオワシどころではなかったので、2/18に再チャレンジ。結果は、残念ですが、よくある話ですので、そのうちに再々チャレンジですね。
 2/17 涸沼上空では、航空自衛隊が訓練飛行。訓練機は、Kawasaki T-4。次々と飛んできます。
2017_02_17__1895_edited2 2017_02_17__1898_edited1 2017_02_17__1904_edited1 
 
 ドクターヘリ飛んでいます。空を見上げているので、飛行機などが目に入りますが、ミサゴ(Osprey)も飛んでいました。
2017_02_17__1903_edited1 2017_02_17__1894_edited1 
 
 湖面では、ハジロカイツブリの集団とその周りにいるのはユリカモメ。なにか小魚がいるのでしょうね。コクチョウも姿を見せました。風が強くなり、コサギも身を低くしています。砂埃がひどく撤退。海岸線では、ウミカイツブリ♂が堤防近くで、エサあさりをしていました。
2017_02_17__1910_edited1 2017_02_17__1926_edited1 2017_02_17__1931_edited1 2017_02_17__1936_edited1 
 
 2/18は海岸から見ていきます。
 久しぶりのキセキレイ、イソシギ、ハマシギ。
2017_02_18__1793_edited1 2017_02_18__1796_edited1 2017_02_18__1799_edited1 2017_02_18__1804_edited1 
 
 ハマシギは可愛いので、つい、シャッターを押してしまいます。さて、遠く海を眺めると、アビ類の大群です。 ウミスズメやクロガモも顔を見せてくれました。
2017_02_18__1842_edited1 2017_02_18__1850_edited1 
2017_02_18__1817_edited1 2017_02_18__1861_edited1 
 
 大洗漁港で、アカエリカイツブリを見てから、昼頃、涸沼へ。この日も、オオワシは姿を見せなかったようで、しばらく粘って、湖面を見ていると、不思議なカモ。雑種でしょうか。
⇒ このカモは、嘴の先が黄色くなく、ホオジロガモのエクリプスor♀と教示いただきました。
2017_02_18__1864_edited1 2017_02_18__1875_edited1 2017_02_18__1876_edited1
 
 
【観察した野鳥】オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、アビ、オオハム、シロエリオオハム、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、ニシセグロカモメ、ウミスズメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ 60種+コクチョウ、コブハクチョウ、ドバト
 
 
Year List +2種+外来種1種で、119種+外来種6種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/14 渡良瀬方面

渡良瀬方面に鳥見に
 いい天気、風もそれほどではなく、暖かく感じました。男体山などがきれいです。渡良瀬遊水地は、水を抜いているのか、湖面が低下して、水面はわずかでした。カモたちも少な目でしたが、マガンの10羽ほどの群れが入っていました。
2017_02_14__1687_edited1 2017_02_14__1705_edited1 
 
 期待して見た鳥は、足がピンクでウグイスだったようです。ベニマシコは目の前で大サービス。
2017_02_14__1730_edited1 2017_02_14__1755_edited1 2017_02_14__1762_edited1 
 
 帰りに、シラコバトを覗きに行くと、ばっちりでした。初見初撮りです。
2017_02_14__1778_edited1
 
 
 
【観察した野鳥】マガン、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、シラコバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、タゲリ、セグロカモメ、トビ、オオタカ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ベニマシコ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン 36種+ドバト
 
 
Year List +2種で 117種+外来種5種
 
Life List +1種で、260種+外来種8種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/10 印旛沼方面

 先日、見つけられなかった鳥を探しに、印旛沼方面へ
 最初は、白鳥の郷。8:30前に着いたと思うのですが、順次、エサ取りに出て行っているようで、ハクガンは見つかりません。
2017_02_10__1510_edited1 
 
 次は、池です。今日は、ミコアイサ♂も入っていて、綺麗でした。
2017_02_10__1559_edited1 2017_02_10__1551_edited1 
 
 キンクロハジロやアメリカヒドリっぽい個体も入っていて、種数は多かったです。
2017_02_10__1512_edited1 2017_02_10__1544_edited1 2017_02_10__1549_edited1 
 
  オシドリも♂3、♀1でした。
2017_02_10__1554_edited1 2017_02_10__1557_edited1 
 
 そして、お目当ても、あっさり見ることができました。
2017_02_10__1530_edited1 2017_02_10__1534_edited1 
 
 帰りがけ、ルリビタキ♀は非常に近く、フレームアウトしそうです。
2017_02_10__1578_edited1 2017_02_10__1583_edited1 2017_02_10__1585_edited1 
 
 松林で、キクイタダキを探したのですが、空振り。
 風強くなってきたのですが、一応、 印旛沼へ。カモたちが風よけをしているところに、トモエガモが1羽まじっていたほか、オオヒシクイが田んぼに入っていました。
2017_02_10__1586_edited1 
 
 おまけで、牛久沼を覗いて、帰宅。
 
 
 
【観察した野鳥】 キジ、オオヒシクイ、コハクチョウ、オシドリ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、アオサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、カシラダカ、アオジ 52種+コブハクチョウ、ドバト
 
 
Year List +1種+1外来種 115種+外来種5種
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/8 トモエガモ

 トモエガモの情報があったので、見に行くと、♂2、♀2。遠いのですが、なんとか撮って、満足。♀は初めて確認。くちばしの付け根の白い斑がチャームポイントでした。
2017_02_08__1402_edited1 
 
 帰りがてら、蓮田をのぞくと、タカブシギ。クサシギに比べて、だいぶ小さく感じます。そのほかケリ、タシギ、ムクドリなども入っていて、茨城っていいですね。
2017_02_08__1456_edited1 2017_02_08__1475_edited1 2017_02_08__1501_edited1 2017_02_08__1506_edited1
 
 
【観察した野鳥】 
オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ケリ、タシギ、タカブシギ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ 23種
 
Year List +1種で、114種+外来種4種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/7稲敷方面

 風が強いので、銚子は断念。稲敷方面を回ることにしました。
 稲波干拓地のオオヒシクイは6時20分に出てしまって、不在。今日、子どもたちの観察会があるそうで、困っていました。
 移動して、近隣をあちこち、見て回ると、やはり、風が強いです。それでも、蓮田や田んぼを覗くとシギチが色々。
2017_02_07__1173_edited1 2017_02_07__1186_edited1 2017_02_07__1200_edited1 2017_02_07__1224_edited1 2017_02_07__1260_edited1 2017_02_07__1284_edited1 
 
 情報のあった、ハジロコチドリを見つけましたが、ここには、タシギ、イソシギ、クサシギ、ハマシギ、タゲリなど、豪華なラインアップでした。このほか、タヒバリも姿が見えました。
 
 さらに、移動、途中、霞ヶ浦のカモたちを見ながら行くと、道に、ビンズイがいました。浮島では、昼のおにぎりを食べながら、ミサゴ、トビ、チュウヒを観察。
2017_02_07__1288_edited1 2017_02_07__1298_edited1 
 
 蓮田に入っていたツクシガモなどを確認。一緒に入っていたハシビロガモは虹彩が黄色なので♂ですね。ここでも、タゲリ、タシギなど見て、帰宅。楽しめました。
2017_02_07__1347_edited1 2017_02_07__1349_edited1 2017_02_07__1351_edited1 2017_02_07__1356_edited1 2017_02_07__1358_edited1
 
 
【観察した野鳥】 ツクシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ハジロコチドリ、タシギ、クサシギ、イソシギ、ハマシギ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 46種
 
Year List +3種で、113種+外来種4種
 
Life List +1種で、259種+外来種8種
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/5 筑波山

 午前中は天気が持つようなので、ハギマシコがなんとかみたいと夫婦で、筑波山へ。
 ケーブルカーは、この時期、始発が9:20。乗り場の付近では、福寿草が咲いていました。
2017_02_05__1167_edited1 
 
 ケーブルカーを降りて、お目当ての場所にいってみたものの、カシラダカがいたほか可愛らしいモズの♀、そして、縄張り争いをしていたツグミとシロハラ。ツグミにシロハラがかかっていくのですが、結構、いい勝負。
2017_02_05__1018_edited1 2017_02_05__1025_edited1 
 
 この場所を諦めて、場所を変えると、先日、見損なったカヤクグリが2羽エサ取りをしていました。 思わず、やった!
 雌雄同色なので、区別がつきませんが、♂♀だったでしょうか。草むらにもぐるようにエサ取りをしており、移動する際も、ヤマシギのような半歩行進で、ゆっくり進んでいました。そのうちに飛んで枝にとまると、ふっくらしていたのが、スマートに見えます。鈴のようなチリリリという声も聞こえました。
2017_02_05__1059_edited1 2017_02_05__1061_edited1 
 
 頭上で、フィーとかビーとかいって飛んでいった5羽ほどの小鳥は、尾羽がアトリ型なので、どうもハギマシコのようです。 尾根の反対側にいったようなので、追いかけてみます。
 少し、坂を下ったところで、探してみると、なにか地面に降りています。覗いてみると、ハギマシコならぬミヤマホオジロが、カシラダカの群れに混ざって、エサ取りをしていました。
2017_02_05__1074_edited1 
 
 堪能して、トイレに寄って出てくると、子どもがサクラの木を見上げています。何羽か入っていました。逆光だったこともあって、最初は、カワラヒワかと思ったのですが、よく見ると、 ハギマシコの群れでした。 なんとラッキー。近くにいたカメラマンにも教えてあげました。
2017_02_05__1139_edited1_2 2017_02_05__1141_edited1 
 
 観察路のすぐ脇だったので、観察路に行く人たちの邪魔になるので、何枚か写真を撮らしてもらって、すぐ移動。あとに残ったカメラマンの話では、人が通っても逃げず、むしろ、寄ってくるくらいで、すぐそばで写真を撮れたのだそうです。 まあ、しっかり確認できたので、いいことにしましょう。
 一応、男体山の山頂までは行っては見たのですが、さっぱりだったので、お弁当を食べて撤収です。
 ケーブルカーで降りて、駐車場までの道で、また、キョロキョロしていると、メジロ、シジュウカラ、カケス、ホオジロと次々と姿を見せてくれます。サクラの木には、ウソ。お腹が赤く見えるのですが、亜種アカウソ?尾羽の白い斑が確認できません。
2017_02_05__1162_edited1 
 
 最後まで、楽しんで、帰宅。
 
 
【観察した野鳥】 キジバト、トビ、コゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、カヤクグリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ハギマシコ、ウソ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ 24種+ソウシチョウ
 
Year List
+2種で、110種+外来種4種
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/4 里山

 立春ですね。里山も春が近くなってきました。梅の花のほか、タチツボスミレが1輪咲いているのを見つけました。カントウタンポポも咲き始めました。
2017_02_04__1009_edited1 
 
 鳥たちは種数は出るものの、個体数は少ないようで、先週まで群れで見られたカシラダカも
ようやく数羽見つけただけでした。池では、1羽だけ入っているオシドリが可愛いです。
 田んぼでは、タシギが忙しくエサ取りをしていました。
2017_02_04__1008_edited1 2017_02_04__1002_edited1 2017_02_04__1013_edited1
 
 
【観察した野鳥】 オシドリ、オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、タゲリ、タシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ 計44種
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03 坂田ヶ池

 天気も良く、予報では、風も強くないようなので、印旛沼のそばの坂田ヶ池へ。
 おなじみのコゲラやメジロを見てから梅林へ。ルリビタキ、ジョウビタキの♂に会いました。
2017_02_03__0959_edited2_2 2017_02_03__0961_edited1_2 2017_02_03__0967_edited1_2 2017_02_03__0969_edited1_2 
 
 梅は、よい香りがしていました。
2017_02_03__0972_2 2017_02_03__0973_2 
 
 今日は、トラツグミでもいないかと斜面を見て歩きますが、見つかるのは、アオジやシロハラ。ルリビタキの♀も見つけました。
2017_02_03__0978_edited1 2017_02_03__0988_edited1 2017_02_03__0985_edited2_2 
 
 この池では、寄ってくるのは、コガモやハシビロガモ。ちょっとほかとは違っているようです。オシドリも入っていて、眠そうでした。光の具合で様子が変わりますが、同一個体です。
2017_02_03__0979_edited1 2017_02_03__0991_edited1 
 
 お目当ては見つからず、ドラムの里のレストランで食事をしました。広場の桜が、もう花をつけていました。
2017_02_03__0993 
 
 帰り道、白鳥の郷によってみたものの、吹き飛ばされるような強風で、コハクチョウたちも身を寄せていました。
2017_02_03__0997_edited12017_02_03__0996
 
 
観察した野鳥】26種
コハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カワウ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、アオジ
 
※ 房総風土記の丘は、体験博物館「千葉県立房総のむら」に統合されていました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎の森

 市役所の窓口センターにいったついでに、高崎の森を覗いてみました。
 何人か、探鳥の人たちが、休憩舎にたむろしていました。無理ありません。久しぶりの強風です。一応、回ってみたのですが、カラスも飛ばないほどの風では、鳥もでません。
 ルリビタキをちらっとみて、エナガたちが慌ただしく移動していたほか、シメ、カシラダカがちらちらしただけでした。あと、ツグミがチョンチョンとしていましたね。風の日は、鳥見は難しい。当たり前でした。
 池で、ウシガエルが凍っていました。
2017_02_02__0958 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/1 乙戸沼

 所用のついでに、奥さんと、2月末で閉店となる西武筑波店のドイツレストラン「エルベ」に、ハンバーグ定食を食べに行ってみました。なかなかの味ですが、ウエーターさんに聞いてみると、天久保の方で営業を続けるようです。よかったですね。学生さん相手の飲んで、食べる店になるようです。
 さらに、帰り道、乙戸沼を覗いてみました。コハクチョウが30羽を超えており、相変わらず、ユリカモメも多いいですね。岸辺を刈り払ったせいか、カモの姿が少ないようです。奥さんに、アメリカヒドリを見せようと思っていたのですが、見当たりません。代わりというわけではないのですが、ヨシガモがきれいでした。
2017_02_01__0957_edited1 
 空を飛んでいたのは、陸上自衛隊 UH-1J(ヒューイ) 多用途ヘリコプター
2017_02_01__0956_edited1 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »