« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

3/30 庭で

 庭は、Gmaの手が入らなくなって、荒れ気味ですが、春の花たちが咲いています。
 今日は、アマナ(甘菜)。
2017_03_30__3361_edited1
 
2017_03_30__3362_edited1
 
 
Amana edulis (Miq.) Honda
 Liliaceae(ユリ科)
地下の鱗茎が甘くて食べられる事から甘菜
本田正次(ほんだまさじ) 昭和期の植物分類学者
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/28 宝篋山

宝篋山へ
 極楽寺コースを通って、宝篋山山頂へ。登りはまだ良かったのですが、下りは堪えました。ストックをもっていかなかったのが、敗因です。奥さんと二人、途中で、落ちていたスギの枝を杖にして、青息吐息で下りました。
 
 今日は、早春の野草がお目当てでしたが、花は遅いようで、麓付近の方が、ニリンソウ、ジロボウエンゴサク、ネコノメソウなど見ることができました。
2017_03_28__3298_edited1 
2017_03_28__3307_edited1 
2017_03_28__3317_edited1 
 
その他、スズメノヤリ、キブシ、セントウソウ、アオイスミレ、コスミレ、ニオイタチツボスミレ、ウグイスカグラなど
2017_03_28__3297_edited1 2017_03_28__3303_edited1 2017_03_28__3308_edited2 2017_03_28__3319_edited1 2017_03_28_mi_3346_edited1 2017_03_28_mi_3357_edited1 2017_03_28_mi_3348_edited1
 
 宝篋山山頂からは、筑波山、加波山などが望めました。
2017_03_28_mi_3349_edited1 
2017_03_28_mi_3352_edited1 
2017_03_28_mi_3354_edited1 
 
 ルリタテハも顔を出してくれました。
2017_03_28__3305_edited1 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/25 里山

 里山も、もう春です。
 スミレは5種でしたが、凛とした薄紫色のアオイスミレが好きです。
Dscn0603_edited1 
 
 シュンランも春らしいですね。
Dscn0619_edited2
 
【観察した花】
 アオイスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、ノジスミレ、コスミレ、ゲンゲ(レンゲ)、シュンラン
Dscn0605_edited1 Dscn0614_edited1 Dscn0615_edited1 Dscn0623_edited1 Dscn0604_edited1
 
 春のチョウといえば、県南では、まず、ミヤマセセリですね。
Dscn0617_edited1_2 
 
【観察した蝶】
 モンシロチョウ、ルリタテハ、キタテハ、ミヤマセセリ、ベニシジミ
 
 鳥たちは少なくなりましたが、今日は、移動中のオシドリなどが顔を見せてくれました。
Dscn0607_edited2 Dscn0596_edited1 2017_03_25__32941_edited1 2017_03_25__32961_edited1 
 
【観察した野鳥】
 キジ、オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、タシギ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ 31種+コジュケイ(その他、大型ツグミ類sp.、猛禽類sp.)
 
 その他、オタマジャクシも春らしかったです。
Dscn0600_edited1 
 
【その他】
 ニホンアカガエル(オタマジャクシ)、ビロウドツリアブ、ヨコヅナサシガメ(幼虫)、コガタルリハムシ、アカボシゴマダラ(幼虫、木の根元から枝に移動していました。)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/24 小貝川

 小貝川まで春の花を見にいってきました。
 お目当ての花に今年も出会えました。小さな花なので、見逃しそうです。
2 
1 
 
 その他、ノウルシ、コスミレ。
1_2 1_4 
 
 チョウたちは、モンキチョウ、モンシロチョウ、キタキチョウ、キタテハ、ベニシジミ、ヤマトシジミ。ツマキチョウは見つかりませんでした。
2017_03_24__3279_edited1 2017_03_24__3274_edited1 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/23 筑波実験植物園、高崎の森

春の花を見に、筑波実験植物園へ
 見どころにはなかったのですが、カタクリが咲いていました。
2017_03_23__3215_edited1_2 
 
 見どころ2位のオオミスミソウやショウジョウバカマも綺麗でした。
2017_03_23__3200_edited1 
2017_03_23__3192_edited1_2 
 
 このほか、コチャルメルソウ、コスミレ、ミツガシワ、マンサク、ミヤマウグイスカグラ(腺毛が目立ちます)、ミスミソウなど
2017_03_23__3184_edited1 2017_03_23__3187_edited1_2 2017_03_23__3189_edited1 2017_03_23__3216_edited2 2017_03_23__3218_edited1 2017_03_23__3202_edited1 
 
 池には、カモたちのほかカワウも入っていました。メジロの大きな群れはちょっとびっくり。このほか、シジュウカラが巣作りをしていました。
2017_03_23__3195_edited1 
 
 この後、高崎の森に行ってみました。残念ながら、スミレなどはまだまだでしたが、ジュウニヒトエを見つけました。
2017_03_23__3235_edited1
 
 
【観察した野鳥】マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ノスリ、コゲラ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、カワラヒワ、シメ、カシラダカ、アオジ 21種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/22 稲敷・美浦

西の洲、浮島、美浦を巡ってみました。
 カンムリカイツブリやカシラダカが夏羽になってきており、蓮田にオオハシシギ(タシギ添え)が入っていました。
2017_03_22__3119_edited1 2017_03_22__3176_edited1 2017_03_22__3128_edited1 
 
 その他(アカゲラ、シロハラ、ヤマガラ)
2017_03_22__3154_edited1_2 2017_03_22__3159_edited1 2017_03_22__3162_edited1 
 
 虫たちは、今年初見のビロウドツリアブなど
2017_03_22__3139_edited1 2017_03_22__3141_edited1 
 
 春の花たちも、ショカツサイ、カテンソウ、ムラサキケマンなど色々。
2017_03_22__3136_edited1 2017_03_22__3144_edited1 2017_03_22__3157_edited1 
 
 その他(フキ、タチツボスミレ、オニタビラコ、キランソウ、ヘビイチゴ、カントウタンポポ、キジムシロ、ハナニラ、カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、タネツケバナ)
2017_03_22__3130_edited1 2017_03_22__3132_edited1 2017_03_22__3133_edited1 2017_03_22__3134_edited1 2017_03_22__3142_edited1 2017_03_22__3163_edited1 2017_03_22__3164_edited1 2017_03_22__3165_edited1 2017_03_22__3166_edited1 2017_03_22__3167_edited1 2017_03_22__3168_edited1 2017_03_22__3169_edited1
 
 
【観察した野鳥】オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、コチドリ、タシギ、オオハシシギ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、ビンズイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 47種+コジュケイ
 
 
Year List +1種で、149種+外来種6種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/20 里山で

 里山で、恒例のゴミ拾い
 その前に蓮田をのぞいてみると、コチドリが来ていました。
2017_03_20__3106_edited1_2 
2017_03_20__3109_edited1 
 
 いつものタシギも
2017_03_20__3112_edited1 
 
 
Year List +1種(コチドリ)で、148種+外来種6種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小山ダム

小山ダムにクマタカでもと思い、探鳥会に参加。
 残念ながら、鳥の姿は少なく、クマタカも空振りでしたが、出だしから、イカルを見たり、カワガラスが姿を見せてくれたり、やはり、それなりに楽しい探鳥会でした。
2017_03_19__3079_edited1 
 
2017_03_19__3093_edited1 
 
 写真は撮れませんでしたが、河辺の柳の花にシジュウカラがきて、すっかり黄色くなっているのもみかけました。
2017_03_19__3097
 
 その他 メジロの巣、アカゲラ、エナガ、ヤマガラ
2017_03_19__3082 2017_03_19__3091_edited1 2017_03_19__3099_edited1 2017_03_19__3105_edited1
 
 
 
【観察した野鳥】キジ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、オオバン、トビ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、カワガラス、ツグミ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、ベニマシコ、シメ、イカル、ホオジロ 26種
 
 観察会では、このほか、キジバト、ミソサザイ、ルリビタキ、アオジ+ガビチョウ
 
 Year List +1種で、147種+6外来種
※別途、Year List、Life Listも1種づつ増えているので
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/14 高崎の森

 病院の帰りに高崎の森へ。血糖値など、少し数値が改善されていたのですが、苫小牧行きで少し無理をしたせいか?
 
 高崎の森は、鳥は少な目。花を探してみました。
2017_03_14__3050 2017_03_14__3052 2017_03_14__3054 2017_03_14__3055 2017_03_14__3056 2017_03_14__3057 2017_03_14__3058 
 
 ダンコウバイ、コブシ、 ヒメオドリコソウ、ソメイヨシノ、タネツケバナ、ホトケノザ、スズメノカタビラ。スミレの類やジュウニヒトエはまだ早かったようです。
 
 カワラヒワ、ツグミ、ムクドリなどが群れを作って、北にむかうのでしょうか。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/12 大洗へ

 寝づらい夜を過ごした後は、また、日の出から船上で探鳥です。天気は良く、波も穏やかなのですが、鳥は、あまり出ませんでした。時々、ウミスズメ、ウトウ、ハシブトウミガラスが出たくらいでした。
2017_03_12__2384_edited1 2017_03_12__2477_edited1 2017_03_12__2480_edited1 
 
 その代りというわけではないのでしょうが、イシイルカ(背びれが2色に分かれて見える)、シャチ(2m以上でた背びれ)、ミンククジラ、キタオットセイなどが姿を見せてくれました。キタオットセイは非常に多く、器用に足でヒレを掴んで輪をつくってぷかぷか浮いていました。

2017_03_12__2323_edited1 2017_03_12__2329_edited1 2017_03_12__2438_edited2 2017_03_12__2507_edited1 
 
 途中、東北の山々(写真の白い山は、姫神山でしょうか)、目印となる灯台(写真は、魹ヶ﨑灯台)。漁船に群がるカモメたち。
2017_03_12__2389_edited1 2017_03_12__2394_edited1 2017_03_12__2425_edited1 
 
 最後に、オオミズナギドリが姿を見せてくれて、楽しい探鳥旅行は終わりです。
 
 
【観察した野鳥】 68種
ヒシクイ、マガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、
コオリガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、アビ、シロエリオオハム、コアホウドリクロアシアホウドリアホウドリ、オオミズナギドリ、ヒメウ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、ミツユビカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トウゾクカモメハシブトウミガラス、ウミスズメ、コウミスズメエトロフウミスズメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハイイロチュウヒ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ(エゾコゲラ)、カケス(ミヤマカケス)、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ(シマエナガ)、ゴジュウカラシロハラゴジュウカラ)、キバシリキタキバシリ)、ミソサザイ、ツグミ、スズメ、アトリ、ベニヒワ、ウソ(アカウソ)、シメ
 
Year List +23種で、145種+外来種6種
Life  List +8種で、268種+外来種8種 なお、( )書き亜種のうちイタリックは初見
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11その5 鵡川河口

 最後は、鵡川漁港から、周辺の葦原ですが、行く途中、カササギやハイイロチュウヒ♂、マガン、オオハクチョウなどが道路沿いの田んぼなどを観察できました。
2017_03_11__2780_edited1 2017_03_11__2773_edited1 2017_03_11_mi_2976_edited1 2017_03_11__2781_edited1 
 
 鵡川漁港では、カモたちは空振りですが、葦原では、ハイイロチュウヒ♀、オジロワシなどを見ることができました。そして、ハイライトの一つ、ベニヒワが草むらでエサ取りをしているのに出会えたのはラッキーでした。
2017_03_11__2787_edited1 2017_03_11__2864_edited1 
 
 この後は、夕焼けのなかをフェリーポートまで。
2017_03_11_mi_3010_edited1 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11その4 勇払マリーナ

 4番目は、勇払マリーナです。シロカモメ、ワシカモメを見たほか、マリーナの中はクロガモ、ホオジロガモ、スズガモなど。
2017_03_11__2736_edited1 2017_03_11__2740_edited1 
 
 堤防から海を見ると、ここもクロガモ、ホオジロガモなどとみていると、なんとコオリガモの群れが入っていました。遠くだったので、プロミナーでやっと確認できる程度ですが、10羽以上が入っていました。九十九里で空振りしたコオリガモがここで見られるとは思いませんでした。
2017_03_11__2743_edited2 2017_03_11__2747_edited1_2
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11その3 ウトナイ湖

 次は、ウトナイ湖です。ここで昼食ですが、幕の内弁当はいまいちでした。
2017_03_11__2731_edited1 
 
 さて、ガンたちはエサ取りにいったのか姿が見えません。カモ類のほか、オジロワシ(若)、オオタカ(成鳥)が遠くに見えました。ここのカササギは空振り。
2017_03_11__2726 2017_03_11__2729 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11その2 北大研究林

 次に向かったのは、北海道大学苫小牧研究林です。まずは、手前の池の付近で小鳥を探しますが、池には、マガモのほかホオジロガモの♀が1羽入っていました。池の周りでは、ハシブトガラなどのほか、エゾジカも姿を見せてくれました。小鳥たちがとても近いのはびっくりでした。
2017_03_11__2709_edited1 2017_03_11__2559_edited1_2 2017_03_11__2563_edited1 
 
 研究林では、キクイタダキが出始めた虫を捕まえるべく、飛び上がっていました。パン屑などを持った人には、小鳥たちが群がりますが、エゾリスも参加していました。
2017_03_11__2570_edited1_2 2017_03_11_mi_2905_edited1_2 2017_03_11__2595_edited1_2 
 
 林の中では、シマエナガ、シロハラゴジュウカラなどを見かけたほか、上空には、オジロワシやオオワシ(若)が飛んでいました。成鳥はウトナイ湖などで見られるそうですが、代わりに、海上保安庁のボンバルディア(愛称おおわし)が飛んでいました。
2017_03_11__2599_edited1 2017_03_11__2611_edited1 2017_03_11__2627_edited1 2017_03_11__2598 
 このほか、ミソサザイ、キクイタダキが近くで見れて良かったです。
2017_03_11__2664_edited1 2017_03_11__2690_edited1 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/11 苫小牧市民文化公園

 朝、起きると、晴れているのですが、道路には雪が被っていました。朝一番6:30に朝食。ホテルウィングの朝食はヴァイキングでしたが、とても充実していて満足。
2017_03_11_mi_2873_edited1

 ホテルを8:00にでて、まずは、苫小牧市民文化公園で探鳥。
 文化公園では、雪が降ってきたうえに、市内の公園なのでどうなのかと思ったのですが、いきなり、ハイタカの姿を見つけてびっくり。
2017_03_11__2532_edited1
 
 その後、空も晴れてきて、アトリ、ヒガラ、ウソ(アカウソかな)などを見つけて、幸先が良かったです。
2017_03_11__2536_edited1 2017_03_11__2540_edited1 2017_03_11__2542_edited1 2017_03_11__2548_edited1
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/10 苫小牧へ

苫小牧へ
 3/9、22:30に乗船。翌3/10の1:30に大洗を出航。出航すると、結構、振動がありました。
 日の出(6:00頃から)にあわせて、探鳥を開始。いい天気で風もあまりありません。最初は、ウミネコ、ミツユビカモメ、大セグロカモメなど。9:00過ぎにクロアシアホウドリ。
2017_03_10__2145_edited1 2017_03_10__2157_edited1 2017_03_10__2165_edited1 2017_03_10__2175_edited1 
 
 魹ヶ﨑(とどがさき)あたりで、アホウドリ、鮫角(さめかど)あたりから、霙まじりになったりしていると、ウミスズメの群れ、エトロフウミスズメやコウミスズメなどはそれらしいのがいたのですが、しっかり確認できなかったのはちょっと残念。
2017_03_10__2200_edited1 2017_03_10__2208_edited1 
 
 尻屋﨑を越えたあたりで、ハシブトウミガラスは、たっぷり。コアホウドリもでてくれて、アホウドリ3種がそろってくれました。
2017_03_10__2230_edited1 2017_03_10__2292_edited1 
 
 苫小牧へは、19:45到着。道路脇に多少雪が残っていた程度で、ホテルで遅めの夕食をとって、早々に就寝。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞峰公園探鳥会

 いい天気ですが、やはり、少し寒いです。
 洞峰公園の探鳥会は、シジュウカラ、コゲラ、ジョウビタキなど小鳥たちが目の前にきてくれて、楽しい探鳥会でした。コサギが足を震わせて、魚などを追い出して捕食しているのも観察することができました。
 芝生にツグミが数十羽集まっているのには驚かされました。残念なのは、探鳥会前に群れでエサ取りをしていたアトリを観察できなかったことぐらいでした。
2017_03_05__2141_edited1 2017_03_05__2133_edited1
 
 
【観察した野鳥】ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、コサギ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ 計27種(このほか、アメリカヒドリと思われる個体、バリケン。探鳥会前には、アトリ、ホオジロ)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/3 九十九里

 奥さんも一緒に、九十九里に再チャレジ。ミヤコドリなどは相変わらず会えたのですが、お目当ては、残念でした。
 シギたちは、頭の白いのがミユビシギ、茶色がハマシギ。丸まっているとさらに分かりにくいですね。
2017_03_03__2081_edited1 2017_03_03__2082_edited1 
 
  ちょっと悔しいので、不動堂の「ばんや」で焼き蛤とイワシ定食を奢りました(写真を撮るのを忘れました)。
 帰りがけに印旛沼で、トモエガモの群れ。300というわけにはいかなかったのですが、数十くらいはいたと思います。そして、亜種ヒシクイ。ここでは、先日、オオヒシクイを見たのですが、今は亜種ヒシクイのようです。これで、今日は、まあまあというところでしたね。
2017_03_03__2127_edited2 2017_03_03__2118_edited1 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »