« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

9/30 里山

 リスアカネを探しに行ったのですが、空振り。それでもいい天気、花は、ミゾソバやユウガギクなどが目立ちました。
2017_09_30__2285_edited1 2017_09_30__2246
 鳥は、オシドリが2羽、ちょうど入ってきました。後で聞くと、その後、オオタカの若に追われていたそうです。写真では、土手の上に1羽、池の縁に1羽。
2017_09_30__2252_edited1
 
 今日は、チョウなどの幼虫が色々。ナガサキアゲハは2齢、3齢、4齢ほどの幼虫に会いました。
2017_09_30__2278 2017_09_30__2275 2017_09_30__2241_edited1
 
 その他、ナミアゲハ、アカボシゴマダラ、キイロスズメ。キイロスズメは緑型の4齢位の幼虫ですが、尾角が長く上に反っています。終齢になると、図鑑などの記載通り、尾角が短く腹の方に垂れるようになるそうです。
2017_09_30__2282 2017_09_30__2293_edited1 2017_09_30__2279_edited1
 
 久しぶりにゴイシシジミに会えたのですが、笹の葉の裏には、ササコナフキツノアブラムシ。日本のチョウでは唯一の肉食系の幼虫のエサですが、成虫も分泌液を吸うそうです。
2017_09_30__2286_edited1
 
 このほか、オオホシカメムシ、オオウラギンスジヒョウモンなどにも出会いました。
2017_09_30__2290_edited1 2017_09_30__2271_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/29 那珂湊方面

奥さんと一緒に、那珂湊方面へ
結構、波が荒く、鳥たちは岩の上に避難していました。
ミユビシギは波が打ち寄せると、舞い上がります。若鳥のようですね。
2017_09_29__2031_edited1 2017_09_29__2033_edited1
 
クロサギが2羽飛んできたのですが、コサギは激しく追い立てていました。クロサギが飛び立った後、アオサギが来たのですが、これには反応しませんでした。
2017_09_29__2047_edited1 2017_09_29__2050_edited1 2017_09_29__2057_edited1 2017_09_29__2059_edited1
 
河口付近では、キアシシギ(たぶん)がエサ取りをしていました。これも若?
2017_09_29__2106_edited1 2017_09_29__2119_edited1 2017_09_29__2121_edited1
 
港には、居残っていたといわれるシロエリオオハム(たぶん)がいましたが、羽が濡れていて、心配ですね。
2017_09_29__2168_edited1 2017_09_29__2191_edited1
 
帰りにのぞいた田んぼでは、タマシギがいたのですが、黒い塊ですね。
2017_09_29__2206_edited1
 
 
【観察した野鳥】 スズメ、ウミウ、ウミネコ、ミユビシギ、イソシギ、キアシシギ、アオサギ、コサギ、クロサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、イソヒヨドリ、シロエリオオハム、タマシギ、カワウ、トビ、ミサゴ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、キジバト、カイツブリ、カンムリカイツブリ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/26 霞ヶ浦(土浦市手野~かすみがうら市歩埼)

 霞ヶ浦をパトロール
 蓮根の収穫が進んで、ずいぶんあちらこちらに鳥が入ってきています。霞ヶ浦には、コガモが増えてきており、ユリカモメもずいぶん来ていました。ゴイサギたちが集団で水浴びするのは初めて見ました。ミシシッピアカミミガメはおまけ。
2017_09_26__1862_edited1 2017_09_26__1446_edited2 2017_09_26__1524_edited1
2017_09_26__1866_edited1
 
 シギたちは、最初の蓮田では、セイタカシギ、ツルシギ、クサシギなど
2017_09_26__1493_edited1 2017_09_26__1521_edited1 2017_09_26__1475_edited1
 
 歩埼近くの蓮田では、エリマキシギ、コアオアシシギ、オジロトウネン、トウネンなど
2017_09_26__1618_edited1 2017_09_26__1636_edited1 2017_09_26__1975_edited1 2017_09_26__1528_edited1 2017_09_26__1860_edited1
 
 蓮田などにある赤い卵が気になりますが、淡水棲大型巻貝であるスクミリンゴガイ(通称:ジャンボタニシ)の卵(有毒)。この貝は、生態系被害防止外来種に指定されています。
 対策としては、卵を水の中に落とすと孵化できないようです。
 
 
【観察した野鳥】カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、セイタカシギ、タシギ、ツルシギ、クサシギ、タカブシギ、イソシギ、トウネン、オジロトウネン、エリマキシギ、ユリカモメ、ミサゴ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 29種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/24 菅生沼上空

菅生沼の上空で
ロビンソンR66
2017_09_24__1391_edited1_3
 
Diamond HK36 Super Dimona これは初見の軽飛行機
2017_09_24__1436_edited1_2
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9/24 菅生沼 花や虫たち

 探鳥会の合間に花や虫たちもみていきました。
 川沿いには、特定外来生物に指定されているアレチウリが蔓延っていましたが、クズやセイタカアワダチソウなども追われてしまったのでしょうか?
 さて、秋のお彼岸の季節にやはり咲いているのが、ヒガンバナ。湿地ではミゾソバも綺麗でした。
2017_09_24__1325_edited1 2017_09_24__1397_edited1
 
 チョウたちは、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、モンキチョウなどがめだちました。
2017_09_24__1317_edited1 2017_09_24__1414_edited1 2017_09_24__1427_edited1
 
 
【チョウ目】ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウの類、ヒメウラナミジャノメ、ヒカゲチョウ、アカボシゴマダラ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ
 
【トンボ目】ギンヤンマ、オニヤンマ、シオカラトンボ、ナツアカネ、アキアカネ、ノシメトンボ
 
【その他昆虫】オオスズメバチ、モンスズメバチ、ハラナガツチバチの類
 
【野草】アキノノゲシ、ノゲシ、カタバミ、ツルボ、ヒガンバナ、ミゾソバ、アレチウリ、オオブタクサ、セイバンモロコシ、メヒシバの類、エノコログサの類
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/24 菅生沼探鳥会

菅生沼の鳥獣保護区探鳥会に参加
 天神山公園で集合でしたが、モズの高鳴きが聞こえ、沼には、ダイサギなどのほか、コガモ、ハシビロガモが入っていてもう秋でした。
 今日の目玉は、サシバのタカ柱。30羽ほどいたのですが、うまく撮れません。
2017_09_24__1368_edited1
 
2017_09_24__1385_edited1_2
 
 探鳥会のなかでは、ノスリ、梢の上で何か食べていたサシバ、オオタカの若、トビなども見ることができました。
2017_09_24__1398_edited1 2017_09_24__1402_edited1
 
 
【観察した野鳥】キジ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、オオタカ、サシバ、ノスリ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ 25種+コジュケイ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/23 里山その他の虫

 里山で、久しぶりにトビナナフシ(別名:ニホントビナナフシ)を見つけました。日本で見られるトビナナフシ3種(シラキトビナナフシ・ニホントビナナフシ・ヤスマツトビナナフシ)は似ているようですが、この個体は、頭部や胸部の脇に黄色い線が見られる等からトビナナフシでいいようです。
 分布は結構混乱しているようですが、トビナナフシ(ニホントビナナフシ)は茨城以西とされることが多いようです。
2017_09_23__1218_edited2 2017_09_23__1241_edited1
 
 池のヒシが穴だらけになっていますが、よく見ると、ジュンサイハムシの幼虫や繭で一杯。このほか、バッタの類も多くみられました。写真は、サトクダマキモドキ。
2017_09_23__1113_edited1 2017_09_23__1255_edited1
 
 
【バッタ目】オンブバッタ、ヤブキリ、サトクダマキモドキ、ササキリ、エンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、アオマツムシ
【その他】トビナナフシ、ジュンサイハムシ、コクワガタ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/23 里山のチョウ・ガ

 秋の花にチョウが目立ちます。
 キクイモにきていたのはメスグロヒョウモン♂、ユウガギクにきていたのはミドリヒョウモン♀。
2017_09_23__1137_edited1 2017_09_23__1277_edited1
 
 ツバメシジミやウラナミシジミも見かけました。
2017_09_23__1201_edited1 2017_09_23__1263_edited1
 
 同じチョウ目のガ類は、とても目立つギンツバメ。クヌギで吸蜜していたのはコシロシタバ、フクラスズメ。草むらではオスグロトモエ♀(たぶん)。
2017_09_23__1206_edited1 2017_09_23__1221_edited1 2017_09_23__1225_edited1 2017_09_23__1226_edited1 2017_09_23__1272_edited1
 
 
【チョウ目】(チョウ類)、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、キタキチョウ、ナガサキアゲハ、メスグロヒョウモン(♂)、ミドリヒョウモン、(ガ類)ギンツバメ、コシロシタバ、フクラスズメ、オスグロトモエ(♀・たぶん)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/23 里山のスズメバチ

 今年は、里山のスズメバチが目立ちます。
 クヌギに来ていたのは、オオスズメバチ、コガタスズメバチ。サクラの樹に集団でいたのはモンスズメバチ。これはちょっと要注意。このほか、キイロスズメバチも見かけました。
2017_09_23__1240_edited1 2017_09_23__1301_edited1 2017_09_23__1303_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/23 里山のとんぼ

 トンボもすっかり赤くなっていました。
 頭まで真っ赤になっているのは、ナツアカネ♂
2017_09_23__1211_edited1 2017_09_23__1179_edited1
 
 お腹だけ赤くなっているのはアキアカネ♂、♀は胸部の模様で見分けます。
2017_09_23__1163_edited1 2017_09_23__1182_edited1
 
 ノシメトンボは撮り忘れましたが、きれいな装いのマイコアカネ♂
2017_09_23__1291_edited1
 
 
【トンボ目】アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボ、マイコアカネ、シオカラトンボ
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/22 稲敷方面

 オグロシギを見に、稲敷方面。
 先客が何名か見えていましたが、無事に見ることができました。
2017_09_22__0872_edited1
 
 アオアシシギがいた田んぼの周りには、準絶滅危惧種のミズアオイが咲いていました。久しぶりです。電線の上では、チョウゲンボウがバッタを捕まえていました。結構、大きいのですが、何バッタ?
2017_09_22__0886_edited2 2017_09_22__0896_edited1 2017_09_22__0912_edited1
 
 場所をかえてみると、色々なシギが入っていました。
2017_09_22__0940_edited1
 
 オグロシギのほか、アオアシシギ、コアオアシシギ、クサシギ。セイタカシギやツルシギも入っていました。
2017_09_22__0922_edited1 2017_09_22__0926_edited1
 
 ちょっと小さめだったのは、ハマシギだったようです。
2017_09_22__1025_edited1 2017_09_22__1041_edited1
 
 
【観察した野鳥】キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、セイタカシギ、タシギ、オグロシギツルシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、クサシギ、タカブシギ、ハマシギ、トビ、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 26種
 
 
 
Year List +2種(オグロシギ、ツルシギ)で 229種
Life List +1種(オグロシギ)で、287種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/21 庭で

庭の小さな池のお馴染みさん。トウキョウダルマガエルですね。この頃は、国内移入種のヌマガエルもいるので要注意ですが、ここまでは、入り込んでいないようです。
2017_09_21__0751_edited1
 
庭のフヨウのお馴染みさんは、フタトガリコヤガの幼虫と、数ミリのヒメイトカメムシ。ヒメイトカメムシは幼虫もいたのですが、あまりに小さくて、写真も無理。 
2017_09_21__0752_edited1 2017_09_21__0746_edited1 2017_09_21__0753_edited1
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/19 銚子、波崎

天気も良いので、銚子、波崎へ。
 カモメ類はウミネコしか見当たりませんでした。
2017_09_19__0546_edited1_2 2017_09_19__0552_edited1_2
 
 漁港付近では、カワウ、クロサギ、イソヒヨドリ。
2017_09_19__0554_edited1_2 2017_09_19__0557_edited1_2 2017_09_19__0563_edited1_2
 
 沖合には、オオミズナギドリが舞っていました。
2017_09_19__0587_edited1_2
 
 波崎の海水浴場付近では、モーターハングライダーにもめげず、メダイチドリの群れが休んでいました。
2017_09_19__0615_edited1_2 2017_09_19__0623_edited1_2 2017_09_19__0677_edited1_2
 
 チュウシャクシギは、カニを捕まえていましたが、なかなか呑み込めませんでした。
2017_09_19__0652_edited1 2017_09_19__0688_edited1 2017_09_19__0693_edited1
 
 波と戯れるようにしていたのは、ミユビシギでした。
2017_09_19__0698_edited1 2017_09_19__0733_edited1
 
 
【観察した野鳥】オオミズナギドリ、カワウ、コサギ、クロサギ、メダイチドリ、チュウシャクシギ、イソシギ、ミユビシギ、ウミネコ、チョウゲンボウ、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ 16種+ドバト
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/18 家で

 家の網戸に4年ぶりになるウスミドリナミシャク
2017_09_18__0745_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/17 近所

 台風の影響で、風雨の中、一回り。
 牛久沼には、カルガモがかなりの数入っていました。ダイサギだと思われるサギが、時々湖面に足をつけながら飛んでいたのですが?
 あとは、カワウ、キジバト、ハシボソガラス、モズ、ツバメ程度。
 いつもの蓮田は、ホシゴイがじっとしていました。
2017_09_17__0537_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/16 里山散歩

 里山はもう秋に移りつつあります。
 ノシメトンボやナツアカネを見つけるとホッとします。アオモンイトトンボも見つかりました。
2017_09_16__0441_edited1 2017_09_16__0442_edited1 2017_09_16__0464_edited1
 
 ミソハギの花やタカサブロウ。ミゾソバももうすぐのようでした。
2017_09_16__0445_edited1 2017_09_16__0448_edited1
 
 今日は、サクラにツツドリが来ていないか、池にカモたちがやってきていないか、タカの渡りが見えないかがテーマでしたが。池にはちょうど、今季初となるコガモの群れが飛来してきました。数えると、丁度、10羽でした。
2017_09_16__0479_edited1 2017_09_16__0524_edited1
 
 サクラの木には、モンクロシャチホコの毛虫たちは見当たりません。そのせいかツツドリも見当たりませんでした。一方、ワタリではないようでしたが、ノスリのほかオオタカの若鳥が姿を見せてくれました。また、林の中では、エナガ、シジュウカラ、メジロ、コゲラの混群が動き回っていました。
2017_09_16__0510_edited1
 
 このほか、初見だったのは、クロクモヒロズコガ。結構、きれいです。廃屋にモンスズメバチが巣を作っているようで、そばを通るのは気を使います。
2017_09_16__0528_edited1 2017_09_16__0496_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/14 近所

 近所の蓮田でタシギ。やはり、水が入っているところには何かしらいます。
2017_09_14__0543_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/13 平磯

yottyさんのブログを見て、平磯を覗きに行きました。
海辺には、イソヒヨドリ、ウミネコ、ウミウと一緒にいるのはカワウ?
2017_09_13__0221_edited1_3 2017_09_13__0226_edited1_3 2017_09_13__0224_edited1_2
 
岩場にのんびりしていたのは、キアシシギ。非繁殖羽or若鳥なので、縞模様はありません。
2017_09_13__0117_edited1_3 2017_09_13__0192_edited1_3 2017_09_13__0200_edited2_3
 
結構、嘴の溝は長いのですが、まだ半分程度?メリケンキアシシギの若も縞模様はないようです。アメリカのHPでは、未成熟の個体について、以下の記載。写真はよく似ています。
Immature Description
Similar to nonbreeding adult, but gray breast and flanks faintly smudged and barred, and back feathers with some whitish tips.
「非繁殖羽の成鳥と似ているが、灰色の胸と脇腹は少し汚れた感じで縞模様もかすかに見られる。そして、背羽の先端にはいくつかの白い斑がある。」位の約でしょうか。
 
このほか、キョウジョシギの成鳥と若鳥(飛ぶ姿も)、メダイチドリの若鳥など。
2017_09_13__0373_edited1 2017_09_13__0245_edited1 2017_09_13__0254_edited1 2017_09_13__0296_edited1
 
そういえば、シノリガモもきていました。早いのですね。千葉の方でも、9月はじめに記録があったようです。
2017_09_13__0429_edited1  
 
 
シノリガモ、カワウ、ウミウ、コサギ、メダイチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネン、ウミネコ、オオセグロカモメ、ハシブトガラス、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ 14種
 
 
Year List +1種(メダイチドリ)で 227種 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/5 霞ヶ浦

 蓮田もだいぶ収穫が進んできているようなので、偵察に。
 トウネンのほかタシギも入っていました。
2017_09_05__9927_edited2 2017_09_05__9931_edited1
 
 コチドリは若鳥のようです。このほか、クサシギ、イソシギ。
2017_09_05__9941_edited1 2017_09_05__9957_edited1 2017_09_05__9967_edited1
 
 オオバンやバンも子連れでした。
2017_09_05__9972_edited1 2017_09_05__9976_edited1
 
 驚いたことに、コガモに会いましたが、早すぎ?
2017_09_05__9964_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家で

 家の網戸に見たことのない虫。久々ですが、虫目で見回らなくなっただけかもしれません。
2017_09_04__9914_edited1
 
 ツマグロスケバ(褄黒透翅)でした。テングスケバ科の昆虫で、ウンカやハゴロモなどと同じ仲間。
 結構大きくて、体長9mm程度。翅端まで12mmほどでした。食草は、アカメガシワなど。庭にもありますね。
 分布や食草から考えても、いてもおかしくない虫でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »