カテゴリー「02自然観察」の485件の投稿

近くの水田で

 何日か前も偵察にいってきたのですが、また、ムナグロを探しにいってきました。
 今日は、全部で13羽いるのを見ることができました。
2017_04_20__4121_edited1 
2017_04_20__4102_edited1_2 2017_04_20__4111_edited1 
 
 このほか、キジバト、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ
2017_04_20__4117_edited1 
 
 
Year List +1種(ムナグロ)で、158種
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/16筑波山

筑波山に春の花を見に
 この時期見たい花は色々ありますが、まず、カタクリ。ちょうどいい時期だったようです。
2017_04_16__4023_edited1 
2017_04_16__4002_edited1 2017_04_16_mi_4032_edited1 
 
  次は、キクザキイチゲ 。白や青など色々あります。
2017_04_16__4020_edited1_2 2017_04_16_mi_4039_edited1 
 
 ニリンソウ、ヒナワチガイソウ、トウゴクサバノオ、エンレイソウ 、ニッコウネコノメソウ、ハルトラノオなども久しぶりです。
2017_04_16__4006_edited1 2017_04_16_mi_4024_edited1 2017_04_16_mi_4050_edited1 2017_04_16_mi_4095_edited1 2017_04_16_mi_4058_edited1 
 
 筑波山は、スミレも色々。この時期は、ナガバノスミレサイシンが多く見られましたが、ほかに、フモトスミレ、アオイスミレ、タチツボスミレなどを見ることができました。
2017_04_16_mi_4089_edited1 
2017_04_16_mi_4073_edited1_2 2017_04_16_mi_4081_edited1_2 2017_04_16_mi_4085_edited1_2
 
 
 
【観察した花たち】 ハルトラノオ、ヒナワチガイソウ、クロモジ、ニリンソウ、キクザキイチゲ、トウゴクサバノオ、ヒトリシズカ、ユリワサビ、ニッコウネコノメソウ、ヤマザクラ、ミヤマカタバミ、ミヤマシキミ、ナガバノスミレサイシン、エイザンスミレ、タチツボスミレ、アオイスミレ、フモトスミレ、キブシ、カタクリ、ツクバネソウ、エンレイソウ、ミミガタテンナンショウ、カンスゲの類 35種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かすみがうら市歩埼

 鳥を探しに行ったのですが、蓮田のシギは遠くてよくわからず、分かったのは、タシギだけ。
2017_04_13__3935_edited1 
 
 鳥は諦めて、春の花たちを見ることにしました。
 歩崎公園では、久しぶりのサギゴケ。前は、紫色のものはムラサキサギゴケといっていたのですが、いまは、区別をしていないようです。
2017_04_13__3913 
 
 森林公園に足を伸ばしてみると、サクラ(ソメイヨシノ)はもちろん、ヤブニンジン、キランソウ、ハルジオン、キジムシロ、オオジシバリなど、色々な花が咲いていました。
2017_04_13__3920 
 
2017_04_13__3915 2017_04_13__3918 2017_04_13__3919 2017_04_13__3923 2017_04_13__3927 
 
 そういえば、歩崎公園に交流センターがオープン(去年の7月だそうです)していて、かすみキッチン というレストランが入っていました。地元産の食材を使った料理を提供していました。本日のパスタを食べたのですが、美味しかったです。レンコンを使ったピザも食べたかったですが、また今度。 
 
 
【観察した野鳥】  キジ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、トビ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、クロジ 35種  このほか、シギ類sp.2種
 
【観察した野草】 オランダミミナグサ、コハコベ、キジムシロ、ヤマザクラ、ソメイヨシノ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、ヤブニンジン、キュウリグサ、キランソウ、サギゴケ、ウグイスカグラ、ハルジオン、オオヂシバリ、シロバナタンポポ、セイヨウタンポポ、ハナニラ、スズメノヤリ 18種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の水田

 車のオイル交換のついでに、水田にムナグロたちが入っていないか見に行きました。結果は、空振り。やはり、ちょっと早いのですね。
 水田に水を入れ始めていたのですが、いたのは、カワラヒワ。そばの原っぱにはノジシャが咲いていました。
2017_04_10_3907_edited1 2017_04_10_3910_edited1 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/9 谷津干潟

 小雨を信じて谷津干潟。お目当てはシマアジです。
 池にいる予定が、自然観察センターの前浜でお休み中でした。一回りしてもう一度見ていると、何かに驚いて飛んでしまって、どうしようと思っていると、池の方で人だかり。戻っていました。♂の繁殖羽でしたが、コガモと行動をともにしていました。
2017_04_09_mi_3878_edited1 
2017_04_09__3773_edited1 2017_04_09__3815_edited1 
 
 雨脚が弱ったので、一回りしたのですが、どんどん強くなって しまいすっかり濡れてしまいました。それでも、オオソリハシシギのほか、ハマシギの群れやダイゼンも見ることができました。
2017_04_09__3738_edited1
 
2017_04_09__3745_edited1 2017_04_09__3760_edited1 2017_04_09__3768_edited1
 
2017_04_09__3749_edited1 2017_04_09__3754_edited1
 最後は、土砂降りとなってしまいましたが、予定の鳥が見れて満足。
 
 
 
【観察した野鳥】オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、シマアジ、コガモ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ダイゼン、オオソリハシシギ、ハマシギ、ユリカモメ、シジュウカラ、ツバメ、ハクセキレイ 20種
 
 
Year List +3種(シマアジ、ダイゼン、オオソリハシシギ)で、157種
Life List +1種(シマアジ)で、270種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮島方面

 浮島方面にシギの様子を見に行ってきました。
 まずは、タシギ。蓮の間ででひっそりしています。
2017_04_05__3648_edited1 
 
 田んぼで休んでいたのは、オオハシシギ。20羽ほどの群れでした。
2017_04_05__3640_edited1 
2017_04_05__3621_edited1 2017_04_05__3625_edited1 2017_04_05__3673_edited1 
 
 そばにいたのは、エリマキシギですが、まだ冬羽です。
2017_04_05__3663_edited1 
2017_04_05__3670_edited1 2017_04_05__3668_edited1 2017_04_05__3604_edited1
 
 このほか、ヒバリ(揚げ雲雀)、ミサゴ、夏羽のカンムリカイツブリやユリカモメ(移行中)。蓮田の中には、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)もいました。
2017_04_05__3675_edited1 2017_04_05__3679_edited1 2017_04_05__3689_edited1 2017_04_05__3694_edited1 2017_04_05__3596 
 
 
【観察した野鳥】 キジ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、タシギ、オオハシシギ、エリマキシギ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、オオジュリン 32種+コブハクチョウ、ドバト
 
 
Year List +1種で 152種+6外来種
 
 
 ※ スクミリンゴガイ(竦林檎貝) Pomacea canaliculata Lamarck, 1819
 タニシ科ではないのですが、形状からジャンボタニシと呼ばれています。食用として移入された外来種。現在は、生態系被害防止外来種に指定。
 和名ですが、林檎の方は、英名のchanneled apple snail(水路の林檎のような巻貝位の意か?)からきていると思われるのですが、竦みのほうは、泥の中にもぐるのが不得意ということなので、もぐれずに立ち竦んでいるように見えたのかな?
 卵は鮮やかなピンクで有害。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/4 近所のツバメ

 近所のお宅に今年もツバメがやってきました。まだ、1羽。オスが先着したのでしょうか?
2017_04_04__3589_edited1 
2017_04_04__3591_edited1_2 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島航路

 4/1の夜、竹芝桟橋を出発。低気圧が通過した影響で、結構揺れました。
 
 翌朝、5時頃三宅島に着くころからデッキに出て海鳥を探します。三宅島の近辺では、無数のオオミズナギドリが出ますが、まだ、暗くて、写真は無理ですね。
 御蔵島には6時頃つきますが、前日までの雨が、断崖から滝のように流れていました。島から飛び出したのか、カツオドリが何羽も飛んでいました。
2017_04_02__3581_edited1 2017_04_02__3426_edited1 
 
 ここから、八丈島までは、オオミズナギドリやクロアシアホウドリを見ながら行きましたが、途中、亜成体のアホウドリも混じっていたようです。
2017_04_02__3439_edited1 2017_04_02__3443_edited1 2017_04_02__3445_edited1 
 
 八丈島へは、予定より10分遅れて、9時00分に着き、9時40分に東京行きに乗って、とんぼ返りです。
2017_04_02__3583_edited1 
 
 帰りの航路は、オオミズナギドリが時々顔を出してくれるくらいで、疲れが出た頃、愛らんどシャトルのシコルスキーS76C++型のヘリコプターが船を追い越していきました。これは、八丈島から御蔵島に向かっているところでした。
2017_04_02__3458_edited1 
 
 このころから、アホウドリが出始め、オオミズナギドリも近くを飛んでくれるようになりました。
2017_04_02__3555_edited1 2017_04_02__3481_edited1 
 
 御蔵島を過ぎて、三宅島の西の岩礁(大野原島)あたりで、カンムリウミスズメを探していると、アホウドリの亜成体が飛びはじめ、三宅島を過ぎたあたりからは、アホウドリが十数羽でて、右舷、左舷と右往左往しました。
2017_04_02__3500_edited1 2017_04_02__3531_edited1 2017_04_02__3538_edited1 2017_04_02__3542_edited1 
 
 この後、ひと段落した3時過ぎにダウンして、一休みしましたが、その後も粘った同行の二人は、さらにアホウドリやコアホウドリの群れに遭遇したようです。
 
 
【観察した野鳥】 キジバト、クロアシアホウドリ、アホウドリ、オオミズナギドリ、カツオドリウミウ、コサギ、ミツユビカモメ、ウミネコ、シロカモメ、セグロカモメ、ハシブトガラス、スズメ
 このほか、コアホウドリ、トウゾクカモメがでたのですが、確認できませんでした。また、オナガミズナギドリかと喜んだ鳥は、残念ながらオオミズナギドリでした。狙いのうち、カンムリウミスズメは空振りでしたが、アホウドリをたくさん見られて、満足!
 
Year List +1種で、151種+外来種6種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/1 里山散歩

 サシバが見れたらと里山へ
 鳥たちは、ツバメが飛びだし、池には、移動中のオシドリが10羽ほど入っていました。一緒に行った人は、サシバを見たようですが、残念ながら確認できず。またですね。
2017_04_01__3570_edited2 2017_04_01__3575_edited1 
 
 ツバメは素早いし、オシドリはやや遠くて、いずれもいまいちですが、まあ、確認できればよしとしましょう。
 
 
【観察した野鳥】
キジ、オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、シジュウカラ、
ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ 34種+コジュケイ
 
Year List +1種で、150種+外来種6種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/25 里山

 里山も、もう春です。
 スミレは5種でしたが、凛とした薄紫色のアオイスミレが好きです。
Dscn0603_edited1 
 
 シュンランも春らしいですね。
Dscn0619_edited2
 
【観察した花】
 アオイスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、ノジスミレ、コスミレ、ゲンゲ(レンゲ)、シュンラン
Dscn0605_edited1 Dscn0614_edited1 Dscn0615_edited1 Dscn0623_edited1 Dscn0604_edited1
 
 春のチョウといえば、県南では、まず、ミヤマセセリですね。
Dscn0617_edited1_2 
 
【観察した蝶】
 モンシロチョウ、ルリタテハ、キタテハ、ミヤマセセリ、ベニシジミ
 
 鳥たちは少なくなりましたが、今日は、移動中のオシドリなどが顔を見せてくれました。
Dscn0607_edited2 Dscn0596_edited1 2017_03_25__32941_edited1 2017_03_25__32961_edited1 
 
【観察した野鳥】
 キジ、オシドリ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、タシギ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ 31種+コジュケイ(その他、大型ツグミ類sp.、猛禽類sp.)
 
 その他、オタマジャクシも春らしかったです。
Dscn0600_edited1 
 
【その他】
 ニホンアカガエル(オタマジャクシ)、ビロウドツリアブ、ヨコヅナサシガメ(幼虫)、コガタルリハムシ、アカボシゴマダラ(幼虫、木の根元から枝に移動していました。)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧