カテゴリー「02自然観察」の515件の投稿

7/15 里山

 暑い中を一回り。蒸し暑くて、木陰に入っても汗が止まりませんでした。
 さて、駐車場では、アレチハナガサ(生態系被害防止外来種)の花にジャコウアゲハ♀がきていました。虫を集める能力が高いせいではびこっている気がします。
2017_07_15__8420_edited1_2
 
 今日は、池に飛ぶチョウトンボがお目当て。大群とはいきませんでしたが、数頭飛んでいて、一安心。(写真は、遠くて、うまく撮れません。)
2017_07_15__8431_edited1_2
 
 林の中では、ハグロトンボ♀を見ることが出しました。
2017_07_15__8461_edited1_2
 
 クズの生い茂る原では、ツノトンボも見つけました。
2017_07_15__8465_edited1_3
 
 道におりていたホオジロの若鳥が捕まえていたのは、ヤブキリ?
2017_07_15__8493_edited1_2
 
 最後に、ヤマカガシの死骸で口吻を伸ばしていたのは、外来種のアカボシゴマダラ。すっかり定着してしまいました。
2017_07_15__8514_edited1_2
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/9 県北

 翌朝は、朝食前に一回り。
 キビタキ、クロツグミ、サンコウチョウ、サンショウクイなどの声を聞きながら歩いていくと、川沿いでオオルリの若鳥。梢には、サンショウクイの若鳥が何羽か。
2017_07_09__8248_edited1 2017_07_09__8245_edited1
 雨覆いの先が白くなっていました。しばらく見ていると、成鳥と一緒に6羽が飛んでいきましたが、家族だったのでしょうか。
 
 梢の天辺には、ホオジロが口一杯にエサを咥えていました。キビタキは姿を見せてくれませんでしたが、コサメビタキは姿を見せてくれました。
2017_07_09__8257_edited1 2017_07_09__8273_edited1
 
 サンコウチョウの姿を探していると、遠くで、アオバトのアーウーアという声も聞こえました。
 
 
【観察した鳥たち】
カルガモ、キジバト、アオバト、アオサギ、ホトトギス、ツツドリ、ヨタカ、トビ、サシバ、コゲラ、アカゲラ、サンショウクイ、サンコウチョウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、クロツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ 30種+コジュケイ、ガビチョウ、ソウシチョウ
 
 
Year List +2種(アオバト、ヨタカ)で、218種
Life List +1種(ヨタカ)で、284種
 
 
【観察したトンボたち】
オニヤンマ、ギンヤンマ、コオニヤンマ、ノシメトンボ、アキアカネ、シオカラトンボ、コシビロトンボ、モートンイトトンボ、アジアイトトンボ、ホソミオツネントンボ、モノサシトンボ、クロイトトンボ、コシアキトンボ 13種
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/8 県北

 ヨタカという単語につられて、奥さんと一緒に、県北に1泊ででかけました。
 朝一番で出かけた森の中の池では、久しぶりのモノサシトンボ。
2017_07_08__8297_edited1_2
 
 このほか、クロイトトンボ、ホソミオツネントンボなども見かけました。
2017_07_08__8295_edited1 2017_07_08__8293_edited1
 
 オカトラノオやチダケサシは見ごろでした。
2017_07_08__8300_edited1 2017_07_08__8303_edited1 2017_07_08__8309_edited1
 
 オカトラノオにはミドリヒョウモン。空にはオニヤンマ。いいですね。
2017_07_08__8304_edited1 2017_07_08__8357_edited1
 
 着いてすぐに聞こえたのはイカルの声。アカベベキーと聞きなすそうです。ちなみに、雨の日は、ミノカサキーだそうです。
 そのほか、キビタキ、サンコウチョウ、そして、サンショウクのヒリリリの声も聞こえます。
2017_07_08__8331_edited1
 
 ブナの葉にびっしりついていたのは、ブナハカイガラフシ。ブナカイガラタマバエの虫こぶでした。
2017_07_08__8413_edited1
 
 場所を移動して谷津田付近では、モートンイトトンボ。久しぶりです。
1 2 3
 
 コオニヤンマやハラビロトンボもいて、いい環境でした。
2017_07_08__8405 2017_07_08__8370_edited1
 
 さて、夜には、期待通り、きょきょきょきょとヨタカも鳴いてくれて、最高。久しぶりに、北斗七星も眺めました。
2017_07_08__8416_edited1
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県北の探鳥会

 奥さんと、県北の探鳥会へ
 川沿いを歩くと、魚がたくさん泳いでおり、カワセミの幼鳥、カルガモの親子。電線には、ツバメの巣立ちびなを見ることができました。
2017_06_18__7771_edited1 2017_06_18__7776_edited1_2 2017_06_18__7787_edited1 2017_06_18__7847_edited1 
 
 虫たちは、集合場所で、山地性の大型のトビケラであるムラサキトビケラの死骸。川沿いでは、ハグロトンボ、ミヤマカワトンボ、そして、初見となるヒメサナエ(♀)を見ることができました。
 それにしても、田んぼで、アカトンボ類を見かけないのは、気になりますね。
2017_06_18__7767_edited1 2017_06_18__7803_edited1 2017_06_18__7811_edited1 
 
2017_06_18__7845_edited1 
 
 
【観察した野鳥】 キジ、カルガモ、カイツブリ、アオサギ、トビ、サシバ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、カワガラス、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 21種+ガビチョウ  
 
 このほか、個人的絶滅危惧種ヤブサメ、サンショウクイ、ヤマガラなどがでたようですが、確認できませんでした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/17 里山

 里山は、子育て中か、鳥たちの声はあまり聞こえませんが、カワセミの親子がいました。
2017_06_17__7728_edited1 
 チョウの幼虫などが多く、コナラの葉を折り曲げてミヤマセセリ、ヤマノイモの葉を折りたたんでダイミョウセセリ、ササの葉を丸めてコチャバネセセリ、エノキの葉の上でアカボシゴマダラなど。そのほか、アカタテハ、オオシロホシアツバなども見かけました。
2017_06_17__7752_edited1 2017_06_17__7758_edited1 2017_06_17__7746_edited1 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サシバ調査

 午前中、サシバ調査。
 今年は、オオタカ、ハチクマ、ツミ (大きい方は、ハチクマ、小さい方がオオタカだったようです。)とともに、サシバも確認できました。
2017_06_16__7631_edited1_3 2017_06_16__7635_edited1 2017_06_16__7685_edited1_3 
 空が明るいので、プラス補正が必要だったようで、サシバではなんとか。
 
 合間に撮ったのは、ヒメカメノコテントウの背筋型
2017_06_16__7627_edited1
 
 
【観察した野鳥】 アマサギ、チュウサギ、ホトトギス、ハチクマ、オオタカ、サシバ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、スズメ、ホオジロ 12種
 
Year List ハチクマが増えて、216種 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒクイナ

 何日も見に行っていると、チャンスが増えるのでしょう。今日は近かったです。羽繕いをしていたのでしょうか、羽を開き気味で、羽毛も落ちています。
1 
 
 歩き始めると、スマートになります。大きな足で、結構、水を跳ね上げるので、水滴が写っています。
2
 
 3
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/13,14 近所

 連日、近所の田んぼをパトルール。
 ツバメの巣立ちびなは、農道の真ん中で親からエサをもらっていますが、車で轢いてしまいそうで怖いです。
2017_06_13__7588_edited1 2017_06_13__7592_edited1 
 
 早朝に回ってみると、ヒクイナも安心してエサ取りをしていて、だんだん近づいてきたりします。
2017_06_14__7551_edited1 2017_06_14__7560_edited1 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/12 近所

 近所の田んぼをパトルール。
 ヒクイナの後姿、ヨシゴイとオオヨシキリが見合っている様子など。
2017_06_12__7491_edited1 2017_06_12__7531_edited1 
 
 アシに止まって鳴いていたセッカを撮影しましたが、日の当たり方で感じが変わります。
2017_06_12__7509_edited1 2017_06_12__7511_edited1 2017_06_12__7518_edited1 
 
 チュウサギ、コサギ、アマサギ、アオサギなどはみかけたのですが、お目当ては見つかりませんでした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山で

 里山で、草刈りと小川の溝浚いのお手伝い。合間に見つけたのは、クリの葉の上のアカシジミとアラカシについていたヤママユの4齢ほどの幼虫。ご褒美ですね。
2017_06_11__7477_edited1 2017_06_11__7478_edited1 2017_06_11__7486_edited1_2
 なにか、祈っているようです。
 
 
 ヤママユの幼虫は、オオミズアオの幼虫と似ていますが、
① 2,3節の背中の瘤上の突起が発達しておらず(オオミズアオでは、発達して上部が赤く見える)、
② 気門の真上ではなく、少し上に筋模様があって(オオミズアオでは、気門の真上)、
③ お尻の三角状の褐色の模様に繋がっている(オオミズアオでは途切れている)のが特徴でした。
 顔が緑色なのも特徴のような気がするのですが、そのような記載はみつかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧